忍者ブログ
地味な劇団の役者で、中間管理職な人の散歩ブログ。
[6] [7] [8] [9] [10] [11] [12] [13] [14] [15] [16]
ちゃんと見送ろう
ちゃんと送り出そう


あと2日。

あと6ヶ月。


カラカラを潤して
ゆるゆるでずっしりと
PR
本番が近くなると

遠くへ行きたい、海が見たい、
とか言い始めて

逃避してるんじゃない?
って言われるけど

たぶんそれは違くて


刺激を欲しがってるんだと思う

全然違う刺激を

言ってしまえば、飽きてしまってるのかもしれない

でも、ほんとは、
その目の前のものから、新しい発見ができれば、一番いいんだろうな


同じ場所に居るの、ほんと、苦手
※個人の心象です

※ネタバレにはお気をつけください



①キコ『ラット13』
理系なおはなし。途中の誰が誰でみたいなところで理解が追いつかなくなってしまう。大事なのは言葉の意味ではなかったのかもなぁ。

②エビス駅前バープロデュース『3番目の恋人』
観劇後の帰り道、登場人物一人一人の物語に思いを馳せてしまうっていうのは、すごいことだと思いました。

③劇団時間制作『皮肉にも雨は降る』
弱い人が描かれてるのが好きでした。綺麗事ではない、いい意味で救いのない現実。
前半のライトさ(演出)は合ってるのか合ってないのか、判断が難しいところでした。もっとドキュメンタリーとして観たかったという気持ちも。

④DULL-COLORED POP『演劇』
演劇と現実のぎりぎりのすれすれをずっと通っていたような印章。卒業式の匂いを思い出しました。

⑤クロムモリブデン『翼とクチバシもください』
ハチャメチャだけど、通常の会話がぐっと引き締まってて、世界に引き込まれました。

⑥狼たちの教室『東京ポリスレッスン』
瞬発のパワーから、長期のパワーになったらもっと輝くのかなと。


★…今月の観て幸せだった作品


【振り返り】
若干眠い。もう少しだけシェイプアップした方が良いのでは、と思える作品が多かったです。


2016年、41本観劇。


了。
いろんな要素が相まって、

納得した

吐いてみないとわからないこと、

あとは巡り合わせ

巡り会える人、物事があるってのはとても幸せなことです


甘え、なんだなこれは

自分だけが我慢する、なんて、なくて良い


愛か、エゴかは後日談

でも育てるなら愛がよい

うん、ポエムだ(苦笑)

よいよい


すすめすすめ
「お前のために時間も、お金も割く気はないよ」

そう言われてるような気がして。

でもその人も「観に来て」とは言ってくるわけで。
矛盾がぐるぐるぐるぐると。SNSはそういうの全部入ってくるから本当にきついなって思う

時がある。

でも、一番悔しいのは、
ない自分。
引力、魅力、
いろいろ。

夜中に一人叫ぶ


でも、見も知らない方々が
笑ってくれて、
楽しんでくれて、

それだけで、ほんと、いいんだ

って。


しんどいし、力尽きたらそれまでだけど、
最期まで。

次から次へと捨てられても
ちゃんと、見て、
ちゃんと、感じ、
ちゃんと、泣いて、
ちゃんと、笑おう


忍者ブログ [PR]
カレンダー
06 2017/07 08
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 15
16 17 18 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31
フリーエリア
最新CM
[11/23 くに]
[11/22 きよ]
[09/02 こんこーん]
[07/16 こんこん]
[04/13 國枝]
最新TB
プロフィール
HN:
daisuke
性別:
非公開
バーコード
ブログ内検索
P R