忍者ブログ
地味な劇団の役者で、中間管理職な人の散歩ブログ。
[1] [2] [3] [4] [5] [6] [7] [8] [9]
さて、旅も大詰め。

朝から91歳の元気なおじいちゃんと立ち話。

いや、ほんと元気な方でした。
公園のベンチでぼーっとしてたら、風のように現れ、風のように去っていきました(笑)。


震災と戦災は一文字違い



もう、ほぼ帰路です。
今回の旅の目的のうち、最後の目的も果たしまして、かなりゆったりとしております。
話を聞いた時から行きたいと思ってたとこだったので、無事行けて良かった。


きっかけが無ければ来なかっただろうな。陸前豊里駅。
思い立ったから行ってみた(笑)。
来て良かった。


出会いのプロセスは数知れず。
1の出会いもあれば3の出会いも、0.2の出会いだってあると思います。
10の出会いが2になったり、0.2の出会いが8になるときだってある。

沢山のきっかけに感謝

小せぇ自分

巡り巡ってここに



PR
休みをとって旅に出たのに休日だということをしばしば忘れる

日本人(笑)


今日は女川へ


素直に言います


言葉にならなかった

まさに「何しに来たおまえ」

AM8:50。代行バスで体育館前へ。
学生さんに先生と間違われたのか挨拶されました(笑)



明日からダイヤ改正、来週には石巻線の全路線が復帰、

でも4年。

女川から石巻を街道沿いに歩きながら、
景色の移り変わりに戸惑いました


4ヶ月ぶりに訪れた石巻は、少しずつ進んでました、少しずつ


女川では言葉になりませんでしたが、
石巻へは前に来たときに言葉にできなかった気持ちを言葉にしにきました

意味不明か(笑)


僕も進もう





そうそう、表題の件ですが、
石巻のバルに入りのんびりしました。
震災の話をしてる先生方とお店の方。
非当事者は俺一人
ほんとなにも言えません。

ただ


寄り添い、支えるの意味を改めて考えている
どうも、東京人です



部外者で、非当事者


どうも、くにえだです。


さて、2度目の宮城県へ。



久々に昼の高速バスに乗り、向かいます。

ずっと景色眺めてました。
はしゃいでました(内心。笑)。



途中、PAで休憩時に……芭蕉の句碑発見。
はしゃぎました(笑)。


小さい頃「奥の細道」を読んでた影響で、芭蕉さん大好きなのです。
いつもなんとなく行った場所で、高確率で見つけるので、勝手に縁を感じます。



それにしても、寒いけど寒くないですね仙台。


雪が降ってるらしいですが、
明日は女川へ。

雪の東北に来たの久しぶりすぎて、装備が不安。

途中石巻駅で待ち時間あるので、そこで駅ナカの喫茶店に入るのが結構楽しみです。

なにを引き寄せるだろう



11/1

ちょっとだけ、福島に行きました。

実は偶然だったのですが。

宮城に行くのは決まってたけれど、バタバタしてるうちに仙台行きの夜行バスが満席になり、福島行きしかなくて、じゃあ福島も行ってみたいと思ってたし!行こう!

っていう。(´Д`)


そういや、出発直前にバスのチケットが行方不明になり、くそ焦りました。

こんな時に得意技(切符をどこにしまったか判らなくなるやつ)を出さなくても!と。笑

まぁ、なんとか無事見つかり、
早朝に福島駅へ。

福島駅の看板が好きでした。木。


あと、円盤餃子の店。すごく行きたかったけど、基本夕方からだったので、断念。
チェーンのラーメン屋さんの円盤餃子で、気持ちだけでもと。うまかったけど(笑)。


あとは…ひたすら散歩した。


この場所で、大学の同期や先輩や、舞台で巡りあった子が生まれ育ったのかと思うと、なんとなくじんわりくるものがあって。

だからというわけじゃないですが。
この街の空気好きだなぁって。


時間が無かったからざっくりでしたが。

次は、温泉と、もっと沿岸部の方にも。
行ってみたい。



(→to be continued)





今さらですが、というか、もう1ヶ月経ったんだ早ぇよ6月(笑)

先月、日本劇作家大会2014に行ってきまして、
遊びに。
残念ながら、演る側ではなく

遊びに。


なのでとことん演劇と遊んできたのですが。

というかキャッチコピーがとても素敵でしたね。

「演劇と温泉にどっぷり浸かろう」


温泉、駅前の温泉がすごく良かったですね。展望、的な。名前忘れちゃったけど。地元の人が一番おすすめしてましたし。まちがいないやつ。なんとかの湯。

焼きたての竹輪とか、
地ビールとか、
温泉卵プリンとか、
最高でしたね。

あと、志賀直哉さんの木とか。
その近くでちょっとした出会いもありましてね。

旅、満喫しました。


演劇も、名前は知ってたけど観たことなかった団体さん、人を沢山知れて、
有名な方のためになるお話も聴けて、

あと今回行く一番の理由だった鴻上尚史さんの発声ワークショップも楽しかったし。(俺、写真の中にいますよ。笑)



でも、なんでかな、
アウェイだった。
池袋演劇祭の時も思ったけど、
最近参加した北区の催しも、

演劇やってる人、やってて会の中心な人、やってないけど盛り上げようとする人、ズレてる。

単純に身内じゃないと楽しめないって、ことなのかな。
混ざれないとつまらないというか。
観客でも参加者でもない時。
どうすれば。どうあれば。
演劇がもっとライトなお祭りであれば。

なのかな。
難しく考えすぎてるのかな。

アウェイ感が拭えない。

もう少し考えてみよう。演劇と人。
行って良かった。





忍者ブログ [PR]
カレンダー
03 2018/04 05
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
9 10 11 12 13 14
15 21
25 26 27 28
29 30
フリーエリア
最新CM
[11/23 くに]
[11/22 きよ]
[09/02 こんこーん]
[07/16 こんこん]
[04/13 國枝]
最新TB
プロフィール
HN:
daisuke
性別:
非公開
バーコード
ブログ内検索
P R