忍者ブログ
地味な劇団の役者で、中間管理職な人の散歩ブログ。
[815] [814] [813] [812] [811] [810] [809] [808] [807] [806] [805]
観劇する際の姿勢がちょっと変わったのかもなと、思いあたる節がある。

頭空っぽにして見れれば、いいのだけど、

頭空っぽにして行っても、受付や場内の空気で、雑念が生まれる。
「あ、あかん。この団体、身内の集まりか」とか、始まる前はできたらそういうの感じたくない。シャットアウトしようとすると、始まる前から集中力を使い、眠くなってしまう。

話逸れてしまった。

で、できたら何も知らない通りすがりの人が、劇場にふらっと入って「楽しめた」というのがベストだと思ってるのですが。

それがより強まったのか、「観るぞー」という気持ちを最近は置いてきている。

昔、ある演出家さんが「お客さんが最初から自分を見てくれるわけじゃない、役者をリスペクトしてるから見てくれる」っていう言葉。
それも最近より強まったのかもしれない。


「観たい」「気になる」って思えないと、あとはよっぽど、作品が好みか、役者の8割が好みか、本か演出が面白くないと、つらい。
というか始まりもそうだけど、最初を大事にしてない団体は、大抵、どんでん返しはない。


あとは、
相手役が居なくても成り立つ芝居のオンパレード。

これもつらい。
役者さんが魅力的でもつらい。
というか役者の雑念が飛んできて、物語が入ってこない。
役者さんを見に行ってるなら、それでもいいのだろうけど。


客入れ、はじまり、大切に。
相手役を大切に。

でも解っていても、それできる人でも、不意にそれを忘れる時がある。

忘れがちである。





面白い作品を観たい。
一時間でもいい。るんるんな気持ちにさせてくれる作品が観たい。




こうやって書いてる言葉も、始まりを大切にしないで書いている。
誰かが当たり前のように見てくれるとは思ってないけれど、見てもらうつもりなら、ば
PR

コメント


コメントフォーム
お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード
  Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字


忍者ブログ [PR]
カレンダー
05 2017/06 07
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 16 17
18 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30
フリーエリア
最新CM
[11/23 くに]
[11/22 きよ]
[09/02 こんこーん]
[07/16 こんこん]
[04/13 國枝]
最新TB
プロフィール
HN:
daisuke
性別:
非公開
バーコード
ブログ内検索
P R