忍者ブログ
地味な劇団の役者で、中間管理職な人の散歩ブログ。
[788] [787] [786] [785] [784] [783] [782] [781] [780] [779] [778]
※個人の心象です

※ネタバレにはお気をつけください



①劇団Athletics『万世不易』
旗揚げさん。もっと呼吸が深くなりますように。

②大駱駝艦・天賦典式『クレイジーキャメル』
半分消化できなかったけれど(笑)、すごい身体美。身体から常に発せられるパワー。麿さんの神経どうなっているんだろう。

③studio Cambria『(変)愛のアパート』
声がドラマを遮っている印象でした

④ミラクル祭2016 A
1~3話目→役者さん愛されてるなぁって、愛と齟齬を起こしてる人もいるなぁって思いました。空気感は好き。
4話目→叫んでた。原作、面白そう。

⑤ よろしく花道御一行『チョコっとね』
ホームパーリーでした。

⑥エビス駅前バー『探偵たちの馬鹿騒ぎ(バッカーノ)』
コナンが可愛かった。

⑦バッコスの祭『ジオグラフィア』
8割が技術見せ大会みたいになってて、テーマ以前に、楽しめず疲れました。

⑧キレイゴト。『もう一度僕の目を見て言ってごらん』
パワーが薄くて、見知らぬ女性のグチを延々と聞かされた、という感覚でした。女性は好きな描写なのかも。イケメンの方のパワーバランスが良かったです。

⑨集団as if~『守里の双眸』
最後のところで流れに完全に置いてかれてしまって、何を観ればいいか判らなくなったのですが。その前までの明と暗のテイストはとても好きでした。

⑩劇団スクランブル『Alcohol&Night』
ところどころのネタは好きだったのですが、キャラのみになってしまってるのがすごくもったいないなぁと思いました。

⑪野鳩『野鳩』
こんな表現の仕方があるんだなと。乱雑に見えるスタートから、充満していく空気がとても好きでした。

⑫アナログスイッチ『ラスボスのお城の前で』
女の子が可愛かったです。たぶん全員が同じ人(モブ)みたいに見えるから楽しめないのかもと。

★⑬Straw&Berry『モリー』
これを観て2月が救われた(笑)。
次に何が起きるか判らないドラマ、感情の連続がとてもスカッとした。繰り返す、繰り返してしまうあれやこれ。




★…今月の観て幸せだった作品


【振り返り】
後半にならないと盛り上がれない、ってなんなんだろうと考える。最初から観てもらえると作り手が思い込んでるからなのかもしれない。


2016年、22本観劇。


了。
PR

コメント


コメントフォーム
お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード
  Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字


忍者ブログ [PR]
カレンダー
10 2017/11 12
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30
フリーエリア
最新CM
[11/23 くに]
[11/22 きよ]
[09/02 こんこーん]
[07/16 こんこん]
[04/13 國枝]
最新TB
プロフィール
HN:
daisuke
性別:
非公開
バーコード
ブログ内検索
P R