忍者ブログ
地味な劇団の役者で、中間管理職な人の散歩ブログ。
[740] [739] [738] [737] [736] [735] [734] [733] [732] [731] [730]
※試しに始めてみる

※個人の心象です

※批評家とか評論家にはならないように気を付けたい

※ネタバレにはお気をつけください



①劇団バッコスの祭『BIRTH』
会話劇風エンターテイメント。息子さんが死んだシーンがとても印象的。悲劇が必要な題材だったから。
何回か拝見して思ったのが、どうやら金子さんの芝居が好みのようです。


②エビス駅前バーtrial『巡光』
エビスで観た中でも、とても好きな作品。主軸にすごく共感。バーの使い方がいつもと違ってて、そこも好き。新鮮でした。
→www.ebisubar.jp/


③79o'clock『フリたいんだ!』
会話劇風パフォーマンス作品。
とても好みの芝居をする方が1人いて、出てくる度に追ってしまう。最後に写真撮影の時間があったので、次観に行くことがあったら撮ってしまうかもしれない(笑)
→stage.corich.jp/troupe_detail.php?troupe_id=10592


④風琴工房『無頼茫々』
登場人物がとても愛おしい。役者さん、巧い人ばかりで勉強になる。上演時間125分なのに、微塵もそんなことを感じない。舞台装置が好き。しっかりした会話劇であり、エンターテイメントでもあり、濃厚でした。
→windyharp.org/


⑤ミラクルプロデュース『ホテル・ミラクル2』
去年試演会で共に戦った戦友2人を観に。ラブホを舞台にしたオムニバス。若かった。終始初めて付き合った彼女のことを思い出す。


⑥空間演人『下町戦隊ボッタラーズ』
お金があって羨ましいなと思います。


⑦安全品『風波』
庭で遊んでる猫が可愛くて、ドラマを感じました。



【振り返り】
・客席とのコミュニケーションの大切さを再認識しました。特に狭い空間ならば。




了。
PR

コメント


コメントフォーム
お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード
  Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字


忍者ブログ [PR]
カレンダー
09 2017/10 11
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31
フリーエリア
最新CM
[11/23 くに]
[11/22 きよ]
[09/02 こんこーん]
[07/16 こんこん]
[04/13 國枝]
最新TB
プロフィール
HN:
daisuke
性別:
非公開
バーコード
ブログ内検索
P R